主婦の味方食洗器!取付工事にかかる費用と作業内容

一台あれば助かる?食洗器の役割と取り付け工事と作業内容とは

おすすめリンク

初めての人も読んで欲しい、食洗器の機能について

食洗器のタイプの1つとして、ビルトイン型があります。キャビネットやシンクの下に設置をするのが可能なので、キッチンの見た目が悪くなることはありません。洗浄音も静かなので、賃貸物件の場合は近隣住民への騒音対策が図れます。おおよその費用と作業内容を確認しましょう。

ビルトイン型の食洗器を取り付け工事する場合

食洗器一台あれば、自分に代わり食器を洗うだけでなく乾燥もしてくれます。毎日の手洗いをすれば、肌荒れや乾燥肌で悩む人も少なくありません。しかし、食洗器が洗浄してくれると、その悩みが減ります。そのうえ、高熱洗浄をするため、殺菌効果があります。食中毒や感染症対策の観点でも、メリットがあります。

食器5人分を洗う際の水使用量を確認しましょう。茶碗や箸、お椀、4枚の小皿、コップを洗う際に手洗いの場合は概ね75リットルの水量が必要となります。しかし、食洗器があれば約8リットルで済みます。近年では、節水型の食洗器も増えているため、更に水の使用量も減るでしょう。上手に活用できれば、1年間で約1万円の水道代節約が見込めます。電気代は、1回使用するだけで約20円となります。その場合は、予め汚れ落としのためにお湯につけておく作業も必要となります。汚れ落としをしなければ、食洗器1回の使用だけでは、落としきれない汚れも出ます。その分、費用が嵩むことが想定されます。

食洗器とはいえ、何でも洗えるわけではありません。包丁や木製の食器、強化ガラス製品など破損や変色を起こす可能性がある物は使用を控えましょう。複数回使用をして、食器などの錆や劣化が生じてしまえば、高い買い物となりかねません。また、フライパンをはじめフッ素加工された調理器具との相性も良くありません。食洗器の清掃をしておかないと、油汚れの蓄積やカビの発生のリスクが出ます。薄めた漂白剤を用いての殺菌消毒や接続部分の清掃をするだけでも、衛生面でも良好な状態を保てるうえ長く使用しやすくなります。また、重曹やクエン酸も有効です。

値段や便利さだけで食洗器を選ぶのも大切ですが、使用上の注意や手入れが必要なことは押さえておきましょう。

据え置き型の食洗器を取り付け工事をする場合

食洗器には、据え置き型タイプもあります。ビルトイン型との違いは、手軽に取り外しができるため転勤などの理由で引っ越しの機会がある家庭や家電好きで買い替えを良くする場合にはあっている機器です。工賃や取り付け工法も確認をして、ライフスタイルに合った食洗器を選びましょう。

食洗器を購入するなら何処にすると良いのか?

食洗器は、家電量販店だけでなく、ネット通販などで購入が可能です。機器の故障をはじめトラブルを懸念するなら、直接店舗で購入すると安全です。店舗によっては取り付け工事をしてくれます。また、ネットの場合は費用が安めの設定なので上手に活用すれば経済的な負担を抑えて購入ができます。


PAGE
TOP